シリアに渡航のフランス人、死亡率は14%に

内務省が7月末に発表した集計結果によると、聖戦派の戦闘員候補としてシリアに渡航したフランス人は、これまでの累積で910人に上った。うち、現在も現地に残って活動しているのは494人、死亡したのは126人...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。