世界最高値のワイン、ブルゴーニュのリシュブールに

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ニュージーランドの専門サイト、ワイン・サーチャーがこのほど、ワイン販売価格の世界ランキングを発表した。トップ50のうち45銘柄がフランス産だった。この調査では、世界の5万5000の業者から集めたデータを基に、銘柄ごとの平均価格を算定した。
トップ10は、トップ3を含めて実に7銘柄がブルゴーニュ・ワインとなり、超高級ワインで圧倒的な強さを示した。首位は、伝説のワイン生産者アンリ・ジャイエが創設したリシュブール・グランクリュ(コートドニュイ)で、750ml瓶で1万5195ドル(1万4254ユーロ)に上った。ジャイエは2006年に84才で事故死したが、化学製品を使わず、フィルトレーションも行わず、丹精を込めた少量生産路線を推進した成果が実った。2位は、超高級ワインの誉れが高いロマネコンティ・グランクリュの1万2169ユーロ、3位には再び、ジャイエによるクロ・パラントゥー(ボーヌ・ロマネ)が入った。