憲法評議会、マクロン法を大筋で承認

憲法評議会は8月5日、先に国会で最終的に可決されたマクロン法について、大筋でこれを承認する判断を下した。評議会は、野党議員団からの提訴を受けて、同法の一連の条項について違憲審査を実施。その結果、全30...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。