仏ラメード製油所、運転再開へ

仏石油大手トタルはラメード製油所(ブッシュデュローヌ県)の運転再開に向けた手続きに着手した。同社は4月半ばに国内の製油部門の再編計画を提示し、ラメードにおける製油事業を2016年末までに停止する一方で...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。