独副首相、イラン進出で有望なのは自動車産業と判断

独AUTOMOBILWOCHE誌によると、ガブリエル独副首相兼経済相(社民党)は、ドイツの産業部門のうちでイランで事業を展開できるチャンスが最も大きいのは自動車および自動車部品だと判断している。7月半...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。