55万年前の人類の歯、仏国内で発掘

仏南西部のトタベル村(ピレネー・オリアンタル県)にあるコーヌドララゴ洞窟で行われていた発掘調査で、55万年前の人類のものと推定される切歯が発見された。7月23日に発見された。これまでに同じ場所で発見さ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。