仏下院、エネルギー移行法案を可決へ

仏下院は7月22日にもエネルギー移行法案を最終的に可決する見通し。
同法案は、▽温暖化ガスの排出量を40年間で40%削減する、▽化石燃料の消費量を2030年までに30%削減する、▽最終エネルギー消費...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。