国際エイズ学会:母子感染の女性が投薬なしに長期寛解

カナダ・バンクーバーで開催の国際エイズ学会(IAS)で7月20日、母子感染した女性が投薬を受けずに12年に渡り寛解の状態を保っている例が発表された。母子感染のケースに限ると、投薬なしでこれほどの長期に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。