スマートの仏アンバック工場、週39時間復帰で労使交渉

スマート(独ダイムラー傘下)の仏アンバック工場(モーゼル県)では、経営陣が「週39時間労働制」への復帰を提案し、労組と交渉を進めている。経営側は、単位時間当たりの労働コストを6%削減し、工場の競争力の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。