クルトパイユ、債権者の英投資ファンドが経営権を確保へ

ルクセンブルク裁判所は7月15日、 英投資ファンドICGを仏クルトパイユ(ステーキハウス)の筆頭株主として認める内容の判決を、緊急審理(レフェレ)で下した。
クルトバイユは2011年に投資ファンドの...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。