EDF、1980年にロワール川へ放射性物質を意図的放出か

仏ブロワ(ロワールエシェール県)の検察当局は、仏電力大手EDFが1980年にサンローランデゾー原子力発電所で発生した事故後にプルトニウムを含む放射性物質をロワール川に意図的に放出させた疑いで捜査を開始...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。