農業部門でインドとの合弁設置を検討

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

カディ農相は7月12日、アルジェでインドのサンジーブ・クマール・バリヤン農業担当相と会談、農業部門における両国の提携強化について協議した。特に養鶏、獣医用医薬品の製造などで合弁会社を設置する可能性について協議した。
アルジェリアは、インドとの10年にわたる交渉の上、2010年から冷凍牛肉の輸入を開始した。またアルジェリアでは2014年夏に口蹄疫が発生、インドはこれに関して同年11月に口蹄疫ワクチンをアルジェリアに寄付した。
APS 2015年7月12日