アビニョン演劇祭:オスターマイヤー版「リチャード3世」が好評

アビニョン演劇祭で、トーマス・オスターマイヤー演出のシェイクスピア作「リチャード3世」が上演され、話題を集めている。オスターマイヤーはドイツ演劇界の風雲児として知られる。策略と謀殺により王位につき、戦...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。