仏EPR建設の不法就労問題、ブイグなどに有罪判決

仏マンシュ県のフラマンビル原子力発電所におけるEPR(第3世代加圧水型原子炉)の建設作業で外国人労働者が不法就労していた事件で、同県のシェルブール地裁は7月7日、仏建設大手ブイグTPなど5社に有罪判決...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。