ドイツ:外国人排斥の感情から起こった事件が増加

6月30日、2014年度の連邦憲法擁護庁(BfV)報告をデメジエール内相が発表した。2014年は990件の極右による器物破損・傷害事件があり、その半数以上が外国人排斥の感情から起こったもので、2013...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。