公共部門の国際比較、フランスは意外に優等生=OECD調査

経済協力開発機構(OECD)が発表した公共部門の各国比較調査によると、雇用数に公共部門が占める割合はフランスの場合、20%前後でこの数年、安定している。2009年から2013年にかけて、調査対象の諸国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。