仏CEVA、家禽用ワクチンで世界最大手を狙う

動物医薬品・ワクチンの仏CEVAは、家禽用ワクチン生産を倍増させるためにブタペスト(ハンガリー)と米マイアミの生産施設に5000万ユーロを投資する。人口増に伴い最も消費量が多い食肉である家禽類の需要が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。