ギリシャ国民投票、緊縮案を拒否:ユーロ圏離脱に至る可能性も

ギリシャで7月5日に緊縮財政の是非を問う国民投票が行われた。開票速報によると、60%を大きく超える有権者が反対票を投じ、緊縮財政の反対派が明確な多数となった。投票率は60%程度だった。これにより、ギリ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。