パリ公営質屋、銀行子会社の閉鎖に向けて労使協議を開始

パリ公営質屋(クレディミュニシパルドパリ)は7月6日、銀行子会社を閉鎖する計画について、労組との協議手続きを開始する。2016年から従業員の解雇に着手する計画。その一方で、パリ公営質屋を保有するパリ市...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。