BPCE銀行のペロルCEO、不正利益取得容疑で厳しい求刑

BPCE銀行のペロルCEOを被告人とする不正利益取得容疑の刑事事件公判が7月2日にパリ地裁で結審した。検察側は、執行猶予付き禁固2年、罰金3万ユーロ、公務員としての就業の終身禁止処分という厳しい求刑を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。