反原子力団体、EDFの広告を訴え

フランスの複数の反原子力団体は5月28日、仏電力大手EDFの広告が不適切であるとして、仏ARPP(広告業界の自主規制団体)の審査機関JDPに訴えを起こした。訴えを起こしたのは「脱原子力」などの5団体。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。