国際サッカー連盟のスキャンダル:サッカー・ビジネスを揺るがす

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

国際サッカー連盟(FIFA)では、5月29日に会長選を実施するが、大規模なスキャンダルFIFAの幹部が大量に逮捕されるという事態のため、ブラッター会長の再選は危うい状況にある。欧州サッカー連盟のプラティニ会長が公にブラッター会長を批判した外、多くの政府もブラッター会長の5回目の再選には批判的。28日には、ワールドカップのスポンサーも、批判の声を挙げ、例えば、クレジット・カードのVISAがスポンサリング再考を明らかにした外、米コカコーラもさらなる透明性を求めた。米におけるスキャンダル捜査は続いており、サッカー・ビジネス全体が問題視される事態となっている。