スマホ・タブレットの用途、「口座残高照会」が人気

朝起きた直後にスマホやタブレットを利用するユーザーの行動に関する世論調査の結果が発表された。この調査は、仏大手銀行ソシエテジェネラルがOpinion Wayに依頼して実施した。最も多いのが「メールのチェック」(61%)で、次が「ネットでニュースを見る」(26%)とここまでは予想通りの結果となったが、3番目に「口座残高の照会」(23%)がつけて、「天気予報を見る」(21%)や「SNSサービスをチェック」(20%)を上回ったことが注目される。
なおPC、タブレット、スマホなどを用いてインターネットで残高を照会する人が増加していることを考慮し、ソシエテジェネラルでは数週間前にインターネット利用者向けのアプリを刷新した。預金に関係する主要ニュースの提供、自分の銀行口座から払い込みできる相手先の追加、カテゴリー別の出費額の表示、残高が一定額を下回った場合の警告発信の設定などの新サービスを提供している。