大統領の警護体制に欠陥

公表されていないが、去る4月10日に、大統領府の内部で発砲事件があった。大統領の警護に当たる人員が誤って拳銃を取り落とし、その弾みで発砲したといわれている。事件当時に大統領は公務で不在だったが、この事...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。