中長距離在来線の将来に関する国会報告書が提出に

国会特別委員会(座長:社会党所属のデュロン下院議員)はこのほど、国鉄SNCFが運営する国土均衡路線(TET)の改革案を策定し、政府に提出した。採算性に問題がある路線を中心に整理を進めるよう勧告した。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。