労使関係改正法案の下院審議:「燃え尽き症候群」の労災認定の是非が議論に

下院は5月26日、労使関係改正法案の審議を開始する。この機会に、社会党のアモン議員(前教育相)は、いわゆる「燃え尽き症候群」の労災認定を可能にする目的で、一連の修正案を提出する予定。アモン議員は社会党...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。