仏国会、原子力施設への侵入に対する処罰の強化法案を可決

仏上院は5月20日夜に、原子力施設への侵入に対する処罰を強化する法案を可決した。法案は、保守野党UMPが議員立法の形で提出、2月に下院を通過していた。原子力施設への侵入について、禁固1年、罰金1万50...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。