仏首相、原子力発電の将来性を確信

バルス仏首相は5月19日、下院の質疑応答で、原子力大手アレバの再編問題に関する質問に答えて、「原子力発電部門に将来性があり、フランスの強みであることを確信している」と言明した。またアレバの国内従業員の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。