ミシュラン、仏工場で労使合意を締結

仏タイヤ大手ミシュランは5月19日、存続が危ぶまれていた仏ロアンヌ工場(ロワール県)において、競争力改善に関する労使間合意を締結した。主要労組のうち、SUD、 CFDT、 CFE-CGCの3労組が合意...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。