パリ首都圏の公立病院で勤務体制の改正に向けた労使交渉

パリ首都圏の公立病院38ヵ所を運営するAP-HPは6日、医師以外の従業員7万5000人を対象にした勤務時間見直しの交渉を開始した。経営側は、週35時間の適用により与えられる代休が消化できず、積み上がっ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。