お一人様専用のバカンス・サービスを提供するドリームホリデイ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

独身者専用のバカンス・サービスの提供を目的に起業したドリームホリデイがこのほど、本格的なサービスを開始する。ギリシャのホテルと独占契約を結び、独身者限定のサービスを提供する。
同社は、ホテル業界出身のオリビエ・テスタール氏が中心となり、2013年にボルドーで発足した。テスタール社長によると、休暇先に専ら出会いの機会を求めている独身者は、カップルや家族連れとは需要が異なり、同じ場所に集めるのには無理がある。そこで、独身者専用の施設を提供し、サービスを「最適化」するというコンセプトを案出した。手始めに、ギリシャ・ペロポネソス半島北部にある「ロングビーチ」ホテル(160人)と、客室稼働率と客室単価の最低限を保障する形で独占契約を結び、チャーター機の手配によるツアーの提供を5月下旬から開始する。現地では12人のインストラクターが、料理、フィットネス、護身術、合唱などの講座を提供する。
ドリームホリデイは、ソシエテジェネラル銀行やバンクポピュレールなどから50万ユーロ強を調達して事業を開始。今夏にはクロアチアのホテルを確保して事業規模を拡大する。北米へのコンセプト輸出で引き合いも来ているという。2016年からはドミニカ共和国で、2017年からはタイで、年間を通じたサービス提供の開始を予定する。同社は2015年に300万ユーロの売上高達成を目指している。