仏原子力施設近隣の空気採取設備3ヵ所で放火の被害

IRSN(仏放射線防護原子力安全研究所)は5月12日、AFP通信に対し、仏国内3ヵ所の原子力施設近辺にあるIRSNの空気採取設備が、10日朝から11日朝にかけて放火の対象となったことを確認した。被害に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。