仏政府、海外県とコルシカ島で太陽光発電の入札を開始

仏エコロジー・エネルギー省は5月7日、海外県およびコルシカ島で合計容量にして50MW相当の太陽光発電施設の整備に向けた入札を発表した。容量が100kW以上の大型施設を対象とし、屋上設置型と地上設置型(...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。