テロ協力の外国系フランス人、国籍剥奪を裁判所が承認

コンセイユデタ(行政最高裁)は5月11日、テロ協力で有罪判決が確定したモロッコ系フランス人に対する国籍剥奪の政府決定を適法とする判断を下した。当人の訴えを棄却した。
提訴していたのは、モロッコ系フラ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。