RTE、大パリ圏構想整備計画に関して投資額を増額へ

仏送電事業者RTE(電力大手EDFの子会社)は、大パリ圏構想整備計画に関連して、首都圏への2015年投資額を前年比で10%増加すると発表した。今年は1億3100万ユーロの投資を行い、2020年までに総...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。