パロット、米国での特許訴訟で敗訴

個人用無人機を製造・販売する仏パロット(Parrot)は5月4日、米国の特許訴訟で敗訴し、780万ドル(695万ユーロ)の賠償金支払いを命じられたと発表した。米ドローン・テクノロジーズ社が2014年1...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。