極右FNの集会、党内外から妨害の標的に

極右政党「国民戦線(FN)」は5月1日、毎年恒例の「ジャンヌダルク祭」をパリ市内で行った。デモ行進とオペラ座前広場におけるマリーヌ・ルペン党首の演説が行われた。ルペン党首はこのところ、実父のジャンマリ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。