歴史教育の新カリキュラム案が論争の的に

教育省は5月11日から6月12日まで、小中学校における歴史教育の新カリキュラム案に関する意見聴取を開始する。同案については、自虐的な歴史観を植えつける内容だなどとする批判の声が、保守陣営を中心に出され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。