PSAのガロワ会長、営業利益率目標の重要性を強調

就任からほぼ1年を経た仏自動車大手PSAプジョー・シトロエンのガロワ監査役会会長は4月30日付のレゼコー紙とのインタビューで、自動車部門で2%以上の営業利益率を達成できなければ、同社の存続は覚束ないと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。