ビルモランが業績下方修正、ロシア・ウクライナ情勢などが影響

種苗大手の仏ビルモランはこのほど、2015年6月期の業績予測を下方修正した。ロシア・ウクライナ情勢の悪影響などを踏まえて、2009年以来で初の下方修正に踏み切った。
ビルモランは、農業協同組合組織の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。