トタル、原油安や中東紛争で減益に

仏石油大手トタルは4月28日、2015年第1四半期の純益を26億6000万ドルと発表した。前年同期比で20%の減益となった。原油安の影響に加えて、紛争の続くイエメンやリビアでの減損処理が減益を招いた。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。