オランド大統領、ナッツバイラー強制収容所跡を訪問

オランド大統領は4月26日、ナッツバイラー強制収容所跡を訪問し、「ここで起きたことは残虐な犯罪」だとした上で、人種差別とユダヤ人差別はいまもなくなっておらず「最悪の事態は今後も起き得る」と強調した。同...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。