パリ市、空きオフィスの住宅転用に取り組む

パリ市のブロサ住宅担当助役(共産党)は4月21日、パリ市内の空きオフィスの三分の一強を2020年を目処に住宅に転用したいと述べた。空きオフィスは80万平方メートル(うち30万平方メートルは老朽化により...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。