若者による大麻の消費が増える

公的機関OFDT(麻薬・中毒症観察局)が21日に発表した調査結果(2014年)によると、17才の若者のうち、「大麻を消費したことがある」と答えた人は47.8%に上った。この調査は、17才の全国民につい...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。