中国系コミュニティが署名運動、犯罪の標的になっていると主張

仏日刊紙ルフィガロは4月21日付で、中国系コミュニティが中心となり、アジア系の住民が犯罪の標的になっていると主張し、当局に対処を求める署名運動が展開されていると報じた。これまでに5万人が署名を寄せたと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。