SNCF、高速鉄道「乗り放題」カードを試験販売

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏国鉄SCNFは1月28日、高速鉄道(TGV)の「乗り放題」カードの試験販売を開始した。若年層をターゲットとして、自動車相乗りなど新たな格安の移動手段に対抗することを狙い、提供に踏み切った。
新商品「iDTGVマックス」は、SNCF子会社のiDTGV(TGVの格安乗車券を販売)が販売する。カードは1年期限で、月額料金は60ユーロ(年間720ユーロ)。iDTGVが販売する路線のうち、パリから3時間以上かかる1日30路線(ブレスト、マルセイユ、ニース、グルノーブル、ボルドーなど)が対象となる。乗車するには予約(チェック)が必要で、ユーザーは最大で4つまで予約を入れることができる。予約は2ヵ月前から可能になり、乗車しない場合は、出発から5時間前までに予約を取り消し、キャンセル待ちの人に座席を譲らなければならない。これを怠ると、以降は月間に予約を1件しか入れられなくなる。なお、iDTGV向けに確保される座席は、1編成につき1両(約40席)に過ぎず、混雑状況などによっては希望の列車に乗車できないこともありうる。
iDTGVは、新カードを1万枚限定で試験販売する。反応や利用状況を見た上で、本格導入や座席枠の拡大などの是非を検討する。