マルセイユ都市圏の上下水道委託契約、当局が予備調査を開始

金融犯罪担当の全国管区検事局は1月12日、マルセイユ都市圏(MPM)の上下水道公共役務委託契約に関する予備調査を開始した。業者との癒着があった疑いなどを調べている。3月に行われる県議会選挙に影響が及ぶ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。