アレバのウラミン買収問題、労組FOが提訴

仏原子力大手アレバの労組FOは1月26日、2007年のウラミン(ナミビアや中央アフリカ共和国などにウラン鉱山を保有するカナダ企業)買収で従業員が損害を被ったとして、パリ地裁に提訴したことを明らかにした...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。