感染症・熱帯病の研究拠点、マルセイユに建設中

感染症・熱帯病の研究・教育・治療拠点が、マルセイユ大学病院研究所(IHU)内に整備される。面積2万1000平方メートルの建物が1年以内に竣工する予定で、700人がここに勤務することになる。建設予算は7...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。