マルセイユ沖で浮体式洋上風力発電ファーム計画

浮体式洋上風力発電設備を開発する仏ネニュファールは1月23日、フォスシュルメール(南仏マルセイユ近郊)の沖合に13基の発電機で構成される実験的な浮体式洋上風力発電ファームを設置する計画を発表した。20...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。